融資 アルバイト・パート

HOME
お気に入りに追加

正社員ではなくアルバイト、もちろん収入も低いけどそれでもキャッシングできる?

現在の日本では正規雇用いわゆる正社員の人口がどんどん減っていて、代わりに非正規雇用と呼ばれるアルバイトや契約社員、派遣社員の人口が増えています。いざキャッシングをしようと考えたときに「でも、正社員じゃないから」と尻込みをしていませんか?

そんなことはありません、大手消費者金融では非正規雇用の方にも正規雇用の方と同じようにキャッシングを行っています。場合によっては正規雇用でも年収が低い方よりも、非正規雇用で年収の高い方の方がより有利に高額の融資を受けることが可能ですから、いくつかのポイントを覚えておきましょう。

大切なのは、社会保険や組合保険に加入しているか、安定した収入があるか、そして今までのショッピングやキャッシングなどのクレジット利用履歴に問題がないか、です。

過去の借入トラブルが無ければ非正規雇用でもキャッシングができる!

キャッシングを行うときには審査が行われますので、その際、以前に利用していたクレジット等の利用履歴に遅延がなければ特に問題はありません。むしろ、今までクレジット等の利用履歴がない場合は、その人がきちんと返済するかどうかの判断材料がないので、利用していた方が有利になる事もあります。

しかし、非正規雇用でどこから借りられるか分からないからと、数社に同時に申込をしてしまうのは良くありません。

短期間に複数の申込履歴が信用情報に記載されてしまうと、金銭的に困っていて、返済が滞る可能性があると判断されるからです。そうしたことのない様に、申込む前に数社を検討し、相談窓口で相談することも必要かもしれません。

パートやアルバイトでもOK!おススメカードローン

ネット申込みのまえに事前にチェック!

ネット申込をするまえに確認しておきたいこととして、フォームの記入の必要事項です。特に利用者があいまいな項目として挙げられるのが自宅や勤め先などの郵便番号です。郵便番号は意外とはっきり覚えていないものです。

記入自体は5分もかからないのですが、こういった情報をその場で検索するのはめんどうです。事前に確認しておくとやり直す手間もなくなるのでよりスムーズに申込ができます。

目的別で選ぶ