当日融資 低金利

HOME
お気に入りに追加

お金は借りたい、でもできるだけ返済は少なくしたい。賢く融資を受けるポイントは?

融資を受けようとする時、誰もが真っ先に考えるのは、どれだけ短時間で融資してもらえるのか?いくらまで融資してもらえるのか?と勇み足がちになるのは当然です。


でも、その融資、借入が必要な時期までに余裕があるのであれば、ちょっと考え直してください。


融資を受ける際に一番気をつけなくてはならないのは、実は金利なのです。


金利とは、融資を受けた額を元にして計算される利子の元になる数字です。


ですから、金利が高ければその分利子も高くなります。


いくら早急に融資を受けたいからといって、消費者金融系のキャッシングを受けると、総返済額が大きくなります。


できるだけ大きく借りて少なく返済できる方式を選ぶようにしましょう。


一般に銀行と消費者金融では、金利が異なります。もちろん、金利が安いのは銀行に軍配が上がります。


銀行融資は時間がかかって面倒臭い、と思っても、必要書類を揃えてきちんと申込めば、より高額かつ低金利で融資を受けることができます。


また、融資を受ける額でも変わってきます。


金利は融資額が少ないほど高くなるため、10万円よりも100万円の方が金利が低くなります。


よく金利3〜18%と書かれているものを見ますが、これは10万円以下の場合は金利は18%、100万円の場合は3%と考えて良いでしょう。


ただ、消費者金融の中には無利息期間というものを設けている会社があります。


初回契約時30日間無利息、というのがそれに当たります。


もし、ボーナス等の高収入が得られる見通しが30日以内にあり、無利息期間に完済できる見込みがあるのならば、消費者金融での融資も視野に入れた方が良いでしょう。

ネット申込みのまえに事前にチェック!

ネット申込をするまえに確認しておきたいこととして、フォームの記入の必要事項です。特に利用者があいまいな項目として挙げられるのが自宅や勤め先などの郵便番号です。郵便番号は意外とはっきり覚えていないものです。

記入自体は5分もかからないのですが、こういった情報をその場で検索するのはめんどうです。事前に確認しておくとやり直す手間もなくなるのでよりスムーズに申込ができます。

目的別で選ぶ