親バレ アミーゴ

HOME
お気に入りに追加

学生ローンが親バレしてしまう理由ベスト3はこれ!

学生の場合には両親と同居している人でも、一人暮らしをしている人でも、学生ローンを利用する際には親の目が気になってくるところでしょう。

学生専門のカードローン会社であるアミーゴはHP上でも申し込みや借り入れを親に漏らさないことを明言していますが、それでも親バレしてしまうケースは少なくありません

その親バレする原因トップ3は

1位.郵便物
*審査や契約までは一人で行えるのに、書類や明細が自宅に届いて親にバレてしまうケースが最も多いとされています。

2位.電話連絡
*学生ローンの契約審査をした場合に、本人確認の為に自宅へ電話連絡があり、親が電話をとってしまいバレてしまう事があります。

3位.カードの受け取り
*カードの受け取りが郵送での場合、家に送られてきたカードを親に見られ、バレてしまう事があります。自動契約機でその場でカードを受け取れない学生ローンの場合は、カードの郵送が必須になってしまいます。

1位の「自宅に届く郵送物」2位の「自宅への電話連絡」3位の「カードの受け取り方法」の3大問題を改善すれば親バレする可能性を大きく軽減できるということなのです。

消費者金融系の会社の郵送物は基本的に社名は伏せて送られてきます。しかし、学生専用ローンの場合は伏せるように依頼をする必要があります。そのため、依頼をし忘れて社名の記載がある書類が実家に届いてしまうケースも少なくありません。

また、アコムやプロミスなどの大手は無人契約機が全国にあります。その場で契約から発券までできる上、明細もWEB明細の利用をすれば、親バレのリスクを最大限減らすことができます。

◇ 申し込みは必ずWEBから

カードローンの申し込み方法には様々なものが用意されていますが、一番秘匿性の高いのがWEB申し込みです。

これならば送られてくる郵便物をWEB上のやり取りで代行できるので親に郵便物を見られずに済みますし、電話連絡先を携帯電話番号に指定しておけば自宅へ直接連絡が入ることもありません。申し込みから利用まで自宅を巻き込むことなく行えるので、親バレする可能性は確実に低くなります。

◇ カード受け取りは直接

WEB申し込みで郵便物をストップしても、どうしてもストップできないのがカードの郵送です。郵便物の差出人にローン会社名が表記されることはありませんが、聞きなれないところからの郵便物のため気になって開封されるとういうケースは少なくないのです。

ですから、カードは郵送ではなく直接受け取るようにしましょう。自動契約機を設置しているところならば、審査通過後に直接カード発行が受けられます。すべてのところが対応しているわけではありませんが、申し込み時には対応可能なローン会社を選ぶようにしてください。

◇ 無理な借り入れはしない

無理な借り入れを繰り返し、返済不能となるケースも少なくありません。そうなれば、自宅へも度々電話連絡が入るようにもなりますし、郵便物での督促が行われるようにもなります。

これでは一緒に住んでいる親御さんには隠し通すことも難しくなってきます。

くれぐれもそうならないように無理な借り入れは控えて、計画的な借り入れを行うように心がけましょう。

親バレしないカードローン!学生ローンより安心です

親、身内に気づかれないように電話や郵便に関して配慮が行き届いている消費者金融なら心配いりません。親バレの不安もないので安心して利用できます。

ネット申込みのまえに事前にチェック!

ネット申込をするまえに確認しておきたいこととして、フォームの記入の必要事項です。特に利用者があいまいな項目として挙げられるのが自宅や勤め先などの郵便番号です。郵便番号は意外とはっきり覚えていないものです。

記入自体は5分もかからないのですが、こういった情報をその場で検索するのはめんどうです。事前に確認しておくとやり直す手間もなくなるのでよりスムーズに申込ができます。

目的別で選ぶ