利用可能額 融資額

HOME
お気に入りに追加

このカードローンなら今すぐお金借りれる!

今すぐ30万円借りたい!今日中にお金が借りたい!そんな時は大手消費者金融でキャッシングを利用するのがいいでしょう。

アコムやプロミスなどのキャッシング会社は即日融資に対応しているので、当日に融資を受けることができます。また、借入希望額が50万円以下ならば収入を証明する書類も要らないので、身分証だけで手続きができ面倒なこともありません。

手取りが18万円なんだけど、今すぐ30万円必要。どこまで融資可能なの?

収入が少ないと、融資が受けられる金額も少なくなるのでは?と誰もが不安になりますよね。融資額は基本的には年収を基準に決められるのですが、以下の項目をクリアしているのならば、融資を受けられる可能性は高いです。

まず、融資を受けるには、総量規制の範囲内かどうか、ということが前提になります。総量規制は年収の1/3と決められているので、例えば手取り18万円・賞与等無し、で考えて見ましょう。その場合、18万円×12ヶ月=216万円があなたの年収になります。

そこから1/3ですから、72万円は融資可能金額と考えてよいでしょう。ただ、この72万円は他にまったくショッピング履歴やキャッシング履歴などの融資履歴がない場合です。

例外として、自動車ローンや住宅ローン等の契約をしている場合、これらは総量規制の対象外である目的別ローンとされるので、融資履歴とはされません。

基本的に1回の融資につき50万円以下の場合は、収入証明書(年収を証明する書類。源泉徴収票や確定申告書、納税証明書)が必要になってきますが、30万円というのは微妙なラインかもしれません。

融資申込書を記入する際には必ず他社からの借入金を記載する必要があるのですが、それらの合計が、今回融資を受けようとしている30万円と合わせて72万円を超えていなければ基本的には融資可能とみなされ融資を受けられることになります。

しかし、注意しなくてはいけない点があります。もし、過去に債務整理や自己破産、3ヶ月以上に渡って返済遅滞を起こしていたら、信用情報審査で落とされる可能性があります。信用情報履歴が消えるのはおおむね7年と言われますが、10年を目安にしたほうが良いかもしれません。

ネット申込みのまえに事前にチェック!

ネット申込をするまえに確認しておきたいこととして、フォームの記入の必要事項です。特に利用者があいまいな項目として挙げられるのが自宅や勤め先などの郵便番号です。郵便番号は意外とはっきり覚えていないものです。

記入自体は5分もかからないのですが、こういった情報をその場で検索するのはめんどうです。事前に確認しておくとやり直す手間もなくなるのでよりスムーズに申込ができます。

目的別で選ぶ