アコム 当日融資

HOME
お気に入りに追加

有名キャッシング3社の代表、アコム・プロミス・モビット、スピードで選ぶなら?

キャッシング会社といえば、すぐに思い浮かぶのがアコム・プロミス・モビットの3社。有名だから、サービス内容も変わらないだろう、と思ったら大間違い。各社とも競争がありますから、より多く利用してもらえるように工夫しています。

その分だけ、貴方にあった会社がその3社のいずれかに該当するかもしれません。ここではその3社を比較してみます。

・申込方法

いずれの3社ともインターネットでの申込が可能。特にモビットは「Web完結」が特徴なので、店舗に出入りしたくない人には向いています。対して、アコム・プロミス

の場合は店頭窓口や自動契約機を採用していますので、時間のない方には便利です。

・借入方法

いずれも電話・インターネットでの振込依頼が可能で、手数料がかかりません。

しかし、提携ATMで違いがあります。モビットは都市銀行から地方銀行までを網羅していますが、アコム・プロミスは都市銀行が主です。ですが、いずれもローソンやセブン銀行のコンビニATMの利用が可能です。但し、ATMを利用する際には手数料がかかります。

ATM利用のモビットは毎回手数料がかかるので少々痛いところです。

・借入限度額

3社とも、1万円〜500万円の融資が可能です。但し、モビットは総量規制の対象企業になるので、最高額の500万円を借入れたいのであれば、年収1,500万円が必要です。

・金利

アコムは4.7%〜18.0%、プロミスは4.5%〜17.8%、モビットは3.0%〜18.0%です。

3社とも、遅延損害金は20%です。

・返済方法

アコム・プロミスはインターネット振込が可能ですが、モビットはできません。いずれもコンビニATMでも返済可能です。3社ともに共通しているのは、口座振替、銀行振込、提携ATMでの返済が可能なところ。但し、ATMでの返済には手数料が必要です。

ネット申込みのまえに事前にチェック!

ネット申込をするまえに確認しておきたいこととして、フォームの記入の必要事項です。特に利用者があいまいな項目として挙げられるのが自宅や勤め先などの郵便番号です。郵便番号は意外とはっきり覚えていないものです。

記入自体は5分もかからないのですが、こういった情報をその場で検索するのはめんどうです。事前に確認しておくとやり直す手間もなくなるのでよりスムーズに申込ができます。

目的別で選ぶ